試験機、計測機器、自動機のテクノ・コイデ

電話:0532-52-2223お問合せメールフォーム
製品情報中古試験機情報業務内容会社概要カタログ
最新情報

最新情報




圧縮試験機新製品シリーズの発表

Date: 2010/02/13

■記事抜粋

この欄は(有)テクノ・コイデの最新ニュースをお届けします。
ご意見・感想・質問等が御座いましたら、メールにてどんどん
お寄せください。

[No.14] 2010年2月13日

品名 200kN冷間押出試験装置
自動車部品の環境に対する製品が各種製作されているが、本機も
その一連の製作物の溶接部、嵌め合い部の強度を測定する試験機
です。荷重・変位の記録はCPUを使用したデータ処理装置に
より、試験方法、試験条件等を簡単に設定、記録、処理出来ます。

特長
1.試験が簡単操作で出来る。
2.試験、設定条件情報が簡単に呼び出し、試験・記録できる。
3.本体部と計測部が一体型の為、小スペースですむ。
 




万能試験機新製品シリーズの発表

Date: 2009/08/27

■記事抜粋

この欄は(有)テクノ・コイデの最新ニュースをお届けします。
ご意見・感想・質問等が御座いましたら、メールにてどんどん
お寄せください。

[No.13] 2009年8月27日

最近のネジ式万能試験機の大半が、本体枠の同じ場所で引張・圧縮・曲げ試験を行うため、試験目的に応じて冶具交換を頻繁に行う必要が有った。本機は冶具交換の煩雑を最小限にした試験機であり50,100,200kNの3機種をKU−Dシリーズとして新たに発表した。
特長
1.引張チャック枠を前面解放型にしたため、試験片の着脱の   操作が行い易い。
2.伸び計の取り付けが行い易い。
3.上部で引張、下部で圧縮・曲げ試験が出来るので、従来のネ  ジ式のように圧縮・曲げ試験時のチャック取り外しの煩雑な
  作業を行う必要がなく安全性を高めた。
4.本体部と計測部が一体型の為、小スペースですむ。
 
※1963年に試験機業界に入り、数々の試験機、台数を扱って まいりました。1999年に前職を定年退職。2000年に現 在の会社を立ち上げ、サラリーマン時代にこういう試験機を作 りたいとの想いが、やっと実現した自信作です。






500kN深絞り試験機を納入

Date: 2009/04/02

■記事抜粋

この欄は(有)テクノ・コイデの最新ニュースをお届けします。
ご意見・感想・質問等が御座いましたら、メールにてどんどん
お寄せください。

[No.12] 2009年3月25日

自動車車体に使用する鋼鈑のプレス性を研究する為の深絞り試験機を受注し、3月25日に納入しました。
(有)テクノ・コイデでは過去に平面型深絞り装置を製作・納入した実績と併せて、今後は120kN〜600kNの深絞り試験機の受注・製作が出来る体制が整いました。今回の深絞り試験機は抜き絞り試験機で、あらかじめ円形状に打ち抜いたの試験片ではなく、□250mmの板を円形に打ち抜いた状態で、引き続き絞り試験を行うものです。







現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]





© 2007 Techno Koide Co., Ltd.
TOPページに戻る